すきこと ことこと ゆったりと

「私の好きな時間を、 ことこと煮込むお料理のようにじっくり、ゆったりと過ごしたい!」

 

時間に追われて流されて、好きなことも心から楽しめない。そんな日々にさよならして充実した毎日を送りたいと思うなか、ブログを始めたときに浮かんだ言葉が “すきこと ことこと ゆったりと” です。

 

いまだに試行錯誤の日々ですが、どんな時も私じかん。

じっくり、ゆったりは時間の長さでなく、心満たされること。

 

今この時、私の心は満ちてるかい?

そう声をかけてあげながら、目の前にある暮らしを大切にしたいです。 

パステル和(NAGOMI)アートとの出会い

「パステル和アート。これいいと思わない!?」そう教えてくれて、インストラクターさんをお招きしての講座を企画してくれた友人。その講座に参加したことがパステル和(NAGOMI)アートとの出会いです。

 

 連れて行った娘はそのとき3歳。同じように子供連れの方も多かったので、遊ぶ子供たちの様子を気にしながらその隙に描く!途中描く手が止まりつつも、出来上がっていく絵に感動~!!パステルならではのやさしい色はホッとする心地よさがありました。

 

久々にお絵かきした充実感とほどよい疲労感。同じモチーフながらも自分の色を出し合えて一緒に楽しむ創造的な時間に魅力を感じました。

 

隙間時間が自分じかんに。みんなちがって、みんないいね~。今度はこの色を使ってみたらどうかな。こんな絵も描けるかも!

 

講座の翌日にさっそくパステルを手に入れ自分なりに挑戦してみましたが、なかなか思うように描けません。もっと思うように描きたい、そしてこれから私が歩んでみたいことに寄り添ってくれるものだと感じ、準インストラクター・正インストラクターを取得し今に至ります。

 

 30代半ばで初めて触れた画材パステルとパステル和アートは、今の自分に心地よく、長くお付き合いできるものとなりました。

 

手のひらサイズのマイガーデン

パステル和みアートでの基本サイズは15センチ角。手のひらに乗る大きさです。

 

そのサイズは小さく感じることはなく、仕上がった1枚を見るとその風景は広がり、惹き込まれていきます。

 

小さな鉢植えひとつでも、息づく草木の物語が広がるように、そのコンパクトさが創造することへの楽しみを感じさせてくれるように思います。

 

描くことが好きです。描いた先にある笑顔が大好きです。

描き出したものが暮らしのなかで息づくものになれば最高です!

 

 

koto koto 駒澤裕美(こまざわ ゆみ)

山形県出身。仙台市~松本市~現在はドイツ・ミュンヘンで暮らしています。

 

日本パステルホープアート協会(JPHAA)

パステル和(NAGOMI)アート正インストラクター

 

2010年3月 準インストラクター取得   

2010年9月 正インストラクター取得   

2010年12月   初ワークショップ開催

2011年よりイベント・カフェでのワークショップ、コラボワークショップ、児童センター等施設でのワークショップを開催

2011年3月  2人展「しあわせじかん」開催  

2013年3月 3人展「ものがたりの、物語」開催

2013年5月 パステル和みじかんスタート

2014年8月 2人展「しあわせじかん」開催

2016年5月 4人展「パステル画手帖~色・いろ・4人展」開催

     パステル和みじかん受講者作品展 開催

 

お問い合わせはこちらからお願いします