“ことこと”煮込むお料理のように、

ほんわか あったか 、心が豊かになる時間を大切にしたい思いから “koto koto” の名前をつけました。